震災から一年が経ちました
 
14時46分
 
黙祷をしながら自然と涙がこぼれてきました
 
地震がなければ
 
津波がなければ
 
原発がなければ
 
 
人間だけでなく
 
飼われていたペットや
 
酪農家の方々にとって
 
家族同然の動物たちも犠牲になりました
 
報道番組で
 
無人の福島でたたずむやせ細った牛を見ました
 
人間に対する哀れみの
 
悲しい目をしているように思えました
 
 
 
被災地の現実に
 
ただただ無力さを感じました
 
日本に生まれ
 
日本人である事を誇りに思います
 
 
がれきの受け入れが進まない現実は
 
ほんとうに寂しく
 
軽はずみに意見出来る問題ではありません
 
ただ
 
戦後の焼け野原から奇跡の復興を果たした日本
  
世界に賞賛された震災後の結束力を
  
誓った絆を
 
日本力を
 
もう一度